ファッションを学ぶのにおすすめの地域はありますか?

世界のファッションの中心といえばどこを思い浮かべますか? 伝統的に、フランスのパリ、イギリスのロンドン、イタリアのミラノ、アメリカのニューヨークが中心都市・地域であるといわれています。いずれも華やかな都市で、数多くのファッションショーやコンクールが行われており、世界中に新たな流行を届けてくれる場所ですね。

では日本のファッションの中心はどこでしょうか。答えはやっvぱり東京です。服飾・被服学を学ぶことのできる服飾系の大学、専門学校を含む教育機関が都全体で56校もあるのですから、まごうことなきファッションの中心と言えるでしょう。これからファッション関係の勉強がしたい、と強く考えている方がいるのであれば、東京で勉強をするのがベターと言えるでしょう。

しかし、東京でしかファッションの勉強ができない、というわけではありません。一時期「名古屋嬢」という独特のスタイルの女性らが話題になったように、名古屋もまた、東京とは一味違ったファッションの中心であると言えるでしょう。名古屋には、服飾系の教育機関が14校、うち専門学校が半分の7校あります。周辺の地域から生徒が集まっているようですね。

ファッションについて学びたい場合は、どのエリアでも服飾系の専門学校に行くと良いでしょう。特に、将来パタンナーといった技術職や、デザイナーといったクリエイティブなセンスを必要とする職に就きたい場合は、それらをくわしく学ぶことのできる、モード学園のような服飾の専門学校が特におすすめです。

せっかく専門学校へ行くのならば、業界の第一線で活躍する卒業生を輩出した学校や、就職に強い学校がいいですよね。モード学園は知名度も抜群の上、業界で活躍する卒業生も数多くいる他、希望者就職率100%という実績があります。ファッション業界は、技術だけではなくセンスも必要な世界です。専門学校で学んでいるうちに、自分自身が持つセンスをさらに磨けるとなお良いでしょう。