アニメーターになるにはどうしたらいいですか?

日本が世界に誇る文化の一つにアニメがあります。宮崎駿(風の谷のナウシカ)、大友克洋(AKIRA)、押井 守(攻殻機動隊)、富野由悠季(機動戦士ガンダム)、庵野秀明(新世紀エヴァンゲリオン)、高畑勲(火垂るの墓)などいずれも個人名も作品名も聞いたことがあるのではないでしょうか?彼らは世界的にも有名なアニメーターなのです。アニメが大好きという人であれば、彼らのようなアニメーターを目指されている方も多いはずです。

アニメーターにはどうすればなれるのでしょうか。アニメーターに特別な経歴や資格は必要ではありません。どのような経歴であってもプロとして仕事をこなせるだけの画力があれば十分になることはできます。アニメ業界も今や人材不足だそうですから。ただし、画力と一口に言ってもいわゆる「絵が上手」程度ではなれませんよ。デッサンや画面構成力など、あくまでもアニメーションを作るのに必要な総合的な画力が要求されるのです。

アニメーターに必要な画力を要請するためにアニメーションの専門学校があります。有名なアニメーション専門学校ですとHALというモード学園の系列校が挙げられるでしょうか。HAL校のいいところはなんといっても実践的なトレーニングを徹底的に仕込まれる点です。アニメーション業界において、学歴やブランドなどは不要です。どんなに人手不足のアニメーション業界といえどもスキルのない人は採用しません。HALではその点も、業界の第一線、現役プロが指導してくれるのでアニメーション業界の厳しさも教えてくれることでしょう。HALでは、描く技術はもちろん、動かすスキルと3DCG技術など現代アニメーションで即戦力となれる技術を教えています。HALは、世界市場で活躍する人材を育成する授業大事にしている学校なのです。

もちろんプロのアニメーターになってからも大変な業界です。そこで生き残っていけるだけのスキルを徹底的に学べる学校に進学することがアニメーターへの近道と言えるのではないでしょうか。