最先端のモノづくりを支える理系学部・機械システム工学科

工場などの生産システムはじめ、交通システム、物流システム、医療システムなど、現代社会は多種多様なシステムにより成り立っています。機械・装置の設計や制御を研究する機械工学に、産業や暮らしを支える各種システムの最適なあり方を研究するシステム工学が融合して生まれたのが、理系学部・機械システム工学科です。

プログラミングやICT技術にウェートが置かれる情報通信システム工学科などと比較して、工作機械やロボット、自動搬送装置を利用した最先端の生産システムなど、モノづくりに直結しているところがこの学科の特徴です。もちろん、コンピュータ技術は不可欠であり、機械システムのハードウェアとともにソフトウェアについても習得します。

高品質で付加価値の高い製品を低コストで実現する技術の確立にも、きわめて重要な学問分野です。このため、機械材料、材料力学、熱力学、流体力学などの基礎学問に加えて、設計工学、システム工学、ロボット工学、メカトロニクス、制御工学なども広くカバーし、多様な視点からフレキシブルに機械システムを考察できる研究者・エンジニアの育成を目指します。また、モノづくりの現場における問題発見と解決能力を養うために、実験・実習が重視されます。