英語力を上げるための効果的な勉強方法

英語を上達させるためのコツはいくつかあり、まず1つとして挙げられるのが「イメージとしてとらえる」という勉強法法です。私たち日本人は中学や高校で語学を学ぶ時に文字を見て覚えていくという勉強法法をとっていました。そのため何でも和訳をしようとしてしまう癖がついており、この悪い癖は語学を勉強する上で非常にデメリットだと考えられます。この悪い癖さえ乗り越えればイメージ感覚を自然と身に付けることができます。

例えば日本語で「腹が立っている」という言葉を聞いたときに「怒っている」ようなイメージが頭の中に浮かぶと思います。これを日本語ではない場合でも同様に文字情報化として和訳するのではなく、イメージ化すれば良いと考えられます。よく日本人が外国に行った時にクラス分けテストを受けますが、日本人が上位の方のクラスに属しているにもかかわらずスピーキング力が全くないことがあります。

なぜ文法や単語、リーディング力はあるのにあまりスピーキング力がない場合が多いのかというと、その理由にはこうしたイメージ化をする力が弱いことが挙げられます。自分の伝えたいことをすぐに伝えるためには、このような癖付が非常に大切なことになってきます。