健康な毎日が送れる!睡眠の工夫

健康のための睡眠の工夫としては、質を上げるということを意識して行うと良いです。7時間眠ることを意識している方は、時間にこだわりすぎて質を下げている可能性があります。短い時間しか寝なくても平気な方もいれば、9時間以上寝ても疲れが取れないという方もいらっしゃいます。時間だけにこだわっても、質を上げることはできません。

質を上げるためには、自然のリズムで眠りにつけるようにするほうが良いです。22時に床に入ることで、体が本来持っている修復の機能を十分に活かすことができます。仕事などで調整が難しい方は仕方ありませんが、制約がないのであれば、なるべく早めに床に入れるように調整するとよいです。

自分にとって必要な時間がどのくらいなのか分からないという方もいらっしゃいます。週末など時間のあるときには、目覚まし時計の力を借りないで起きるようにしてみると良いです。自然にすっと起きられる状態になるのには何時間必要なのかを自分で知ることができます。

寝付きが悪いという方は、就寝前の行動を変えてみましょう。就寝前にはテレビを見たり、パソコンを触ったり、携帯電話の操作など脳を覚醒させてしまうような行動は取らないようにしましょう。照明を徐々に落としていったり、眠りにつくのに快適な温度に室内をするなどの工夫も効果的です。