中学受験は塾と家庭教師の組み合わせがおすすめ

少し前にタレントの芦田愛菜さんの中学受験が話題になりましたが、首都圏では私立系の中学校の数は多く、進学を選択する小学6年生が5人に1人の割合でいるようです。「なぜ私立?」と疑問に思う親御さんも多いかと思いますが、それには様々な理由があります。例えば受験先が中高一貫校であれば6年間受験勉強に分断されることなく学校生活を送ることが出来たり、公立中学校にはない学力を伸ばせる充実したカリキュラムがあるといいます。あえて高いお金を払ってでも進学させたいのにはそういった理由があるのです。

子供の将来のために良い学校に入学させたいという親の思いはとても強いです。しかし、学校の授業だけではなかなか対策が回らないということも事実です。補えない部分はどうするかというと、学校以外で学習の時間を増やすということになります。周りに塾や家庭教師を利用している家族はいませんか?私も過去利用したことがありますが、やはり学校だけでは理解できなかった学習も塾や家庭教師を通して解決できた経験があります。

最近では学習に意欲的な家庭だと、塾と家庭教師を組み合わせた学習方法を実施するところも多いようです。塾のみの場合、学校の授業の予習復習が出来たり、塾内で友達を作れるなどのメリットがある反面、複数人数を相手にしているので授業のペースは一定です。ですので、各々のペースに合わない可能性が出てきた結果、思うように成績が伸び切らない生徒も出てくるかもしれません。そういったときは、代々木進学会のように塾のペースに合わせたカリキュラム学習を行う家庭教師を組み合わせるのが良いです。生徒の得意不得意に合わせながら、分からない部分を分からないまま終わらせない徹底した個別学習を受けることが出来ます。

中学受験もライバルが周りに沢山いるので、塾と家庭教師の二刀流の学習でしっかりとした中学受験対策を始めましょう。