どれがおすすめ?高校受験に向けた勉強法

高校受験を成功させるには、学校での勉強にプラスアルファして学んでいくのが基本です。とはいえ、勉強法にはさまざまな種類があるのでどれが本当に向いているのか悩んでしまうこともあるでしょう。今回はいくつかの勉強法について、その特徴やメリットを紹介していきます。

個別指導の学習塾

マンツーマン、もしくは講師1人に対して生徒2~3人というスタイルできめ細やかな指導を行っていきます。成績や目標に合わせて臨機応変にカリキュラムを組んでもらえるので、塾の授業についていけないといった心配をする必要はありません。塾ごとにさまざまなコースが用意されているので、自分のめざすゴールに合わせて選びましょう。例えばトップエデュという塾は、難関校として有名な開成高校への受験対策コースがある塾で、効率よく学ぶことができます。講師と二人三脚でがんばりたいなら個別指導の学習塾がおすすめです。

集団指導の学習塾

講師1人に対してたくさんの生徒が授業のような形式で指導を受けるタイプの塾です。誰かと一緒に勉強することでお互いに成長するきっかけにもなりますし、決められたカリキュラムをこなしていけば自然と学習習慣も身についていきます。また、集団指導の学習塾だと塾単位で全国模試に参加することも多く、相対的な成績が明確に数字となって表れるのも特徴。それを判断基準に受験対策を練っていくのもいいかもしれません。

家庭教師

家庭教師が自宅でマンツーマン指導を行ってくれます。苦手な部分は分かるようになるまでじっくり教えてもらえますし、細かいメニューについても成績や志望校に合わせて組んでもらうことができます。塾に通わなくていい分、時間にゆとりができるので、部活や他の習いごとをしながら勉強できるのもメリット。塾に比べると勉強の進むスピードが早く内容の自由度も高い家庭教師は、独学と塾の中間といえるでしょう。

学習塾や家庭教師は一長一短あります。学校や部活で忙しいなか、効率的に高校受験の準備を進めていくのはなかなか難しいもの。どの方法であれば勉強しやすいのかよく検討しましょう。もし悩んでしまったら、見学や体験授業から始めてみてください。