東大生もやっていた?リビング学習で合格をつかみとろう

受験生にピッタリな学習環境、と聞くと整理整頓された学習机にテキストがいっぱい入る本棚があるような部屋をイメージする人も多いでしょう。ですが最近は、家族が集まるリビングであえて勉強するリビング学習に注目が集まっています。現役の東大生に聞いたアンケートでもその割合が高かったリビング学習。いったいどんな効果があるのでしょうか。

リビング学習は勉強が苦手なお子さんにこそおすすめ。なぜならそういったお子さんは自室で勉強していてもなかなか集中できず、ダラダラと時間ばかりかけて結局は全然進んでいないということがあるからです。誰かが常にいる環境ならサボり防止にもなります。また親としても、分からないところを把握できた方がその後の学習計画を立てやすい、サポートしやすいといったメリットがあります。

また家族が頻繁に行き来するリビングで勉強することで、どんな環境でも動じずに普段どおりのパフォーマンスを発揮できる集中力が身につきます。他の人のペンを走らせる音や咳払いが気になって試験に集中できなかった、という受験生がたまにいますが、それは自分自身が目の前の問題にのめり込んでいればそれほど気になることではありません。家族の生活音レベルの雑音がある環境に慣れ、いつでも集中できるように自分のスキルを高めておくのも受験生には必要だといえるでしょう。

リビング学習は、勉強に集中できる環境がなければ成立しません。ノートやテキストを広げられるスペースをしっかり確保できるよう、リビングは常にキレイに片付けておくようにしましょう。そしてもう1つ必要なのが、食事用とは別の学習机と学習チェア。これがあるのとないのとでは、集中度が大きく変わってきます。一生紀という会社のオンラインショップではリビング学習机が多数ラインナップされているので、お子さんと一緒にチェックしてみてください。

志望校合格というゴールに向かって親がやるべきこと、親に出来ることはたくさんありますが、こういった学習環境づくりも大切な仕事の1つ。話題のリビング学習で合格をつかみ取りましょう。