救急の現場で大活躍!救急救命士の仕事とは

交通事故や急病人が発生した場合、その場に救急車が駆けつけて病院まで搬送します。現場や救急車の中で救命処置を行う人たちのことを救急救命士といいます。今まで医療行為を行える権限は医者にしかなく、救急隊員は初歩的な応急処置をすることしかできませんでした。ただ、それでは救えるはずの命が救えない、なんてことも考えられます。一分一秒を争う現場や救急車内でより高度な救命処置が行なえるように、と制度化されたのが1991年に作られた救急救命士の資格なのです。

救急救命士の大きな特徴は、血圧測定や人工呼吸などの一般救急隊員でも行える処置だけではなく「特定行為」も認められているところにあります。これは心肺停止時の電気ショックや薬剤の投与、点滴、器具を使った気道確保など、医師の具体的指示を必要とする救急救命処置のこと。現場で無線や携帯電話を使い、医師からの指示を受けながら実際に処置をしていきます。高齢化社会が進んでいる現代、急病で運ばれる高齢者の数も年々増加しています。出来るだけ多くの命を救うため、救急救命士の存在はますます重要になってくるでしょう。

そんな救急救命士になるためには、救急救命士の国家試験と消防士試験、2つの試験に合格して資格を取得しなくてはいけません。「救急救命士がなぜ消防士?」と思われる方もいるかもしれませんが、救急車というのは各地域の消防署から出動します。つまり救急救命士になる=消防署に就職するということなのです。この2つはセットとして考えておいていいでしょう。

実際に働き始めるまでの流れとしては、養成施設で救急救命士に必要な知識を学んだあと救急救命士の資格をとり、その後で消防士試験を受けて各消防署に就職する…というのが一般的です。こうやって見ると大変な資格に見えますが、人の命に関わる仕事に就くということはそれだけの知識とスキルが必要になります。第一段階となる養成施設選びはとても大切です。本気で救急救命士になりたいなら、救急救命を1から学べる専門学校である名古屋医専をおすすめします。救急現場で使われているものと同じ高規格救急車があったり、救急救命処置の練習用マネキンなどの高度医療シミュレータが完備されていたりと、より現場に近い環境で実践的な技術力を身につけられます。

命を扱う分、覚悟や責任感、それに伴うプレッシャーも大きくはなりますが、全身全霊をかける価値のある仕事でもあります。救急救命士になって、大きなやりがいと誇りを感じてみませんか。